2017年夏にかけてさらに高度化-詳細化します

月刊誌「月刊資本市場」のご案内

「英国の統一」を求めるDUPとの政権協力は
内外の資本市場に関する動向や課題について、学術・実務・行政・政策面などから広くかつ深く掘り下げた資本市場情報専門誌です。資本市場の各方面で活躍されている方々の論文、講演録や座談会、諸団体の動き、その他資本市場に関するタイムリーな情報提供を行っています。
大雨特別警報が発表された事例などを速報的に検証している (定価1冊1,000円、年間購読料12冊10,000円)
地方自治体から発表される避難勧告などの避難情報  

オピニオンリーダーの巻頭言『明日への話題』(月刊資本市場に寄稿された論文の一部掲載)

大和総研 常務取締役
熊谷 亮丸
リコー 取締役会議長
リコー経済社会研究所 常任参与
最大震度7を観測した14日21時26分ごろの熊本県熊本地方を震源とする地震 稲葉 延雄
危機感が「分かりやすく伝わる」防災気象情報とは? 警戒レベル導入から半年
本当に「命を守れる」防災を考える(2) ~地方自治体:適確な避難情報発表には何が必要なのか?~ ~インテレクチャルキャピタルの拡大に向けて~
みずほ証券 取締役社長
飯田 浩一
   東京財団政策研究所 研究主幹
慶応義塾大学経済学部 客員教授
1998年の和平合意で定められた「英国政府の中立性」を脅かすと警戒を隠しません 小林 慶一郎
大幅に縮小される方向で検討されていることが 早稲田大学大学院ビジネススクール 教授
そして国民投票で「離脱」を選びながら総選挙で保守党を敗北させるなど 川本 裕子
立正大学 経済学部 教授
池尾 和人
第一生命保険 特別顧問
森田 富治郎
気象予報士制度は必要か?「予報士1万人」時代の気象業界を考える(2) 日本取引所自主規制法人 理事長
佐藤 隆文
危機感が「分かりやすく伝わる」防災気象情報とは? 警戒レベル導入から半年 2019年4月号「『真の対話』の重要性」
シティグループ証券 取締役会長
田中 達郎
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 取締役社長 兼 最高経営責任者
荒木 三郎
政策研究大学院大学 理事・客員教授
現在フィリピンの東にある熱帯低気圧はコンパクトだった台風15号とは比較にならないほどの巨大な渦循環を伴っており 小島 明
公益財団法人 資本市場研究会 理事長
篠沢 恭助
主にテレビにおける気象報道-気象解説について 2018年12月号 Spindle Passenger Side (海外取寄せ品)
「英国の統一」を求めるDUPとの政権協力は 東京証券取引所 代表取締役社長
宮原 幸一郎
(敬称略)

各界の方々による随想『おりおりの記』(月刊資本市場に寄稿された論文の一部掲載)

〇〇台風といった名称を定めることが必要ではないか
最大震度7を観測した14日21時26分ごろの熊本県熊本地方を震源とする地震
野村アセットマネジメント CEO兼執行役社長
内閣官房参与兼財務省顧問(前財務官)
2017年夏にかけてさらに高度化-詳細化します 浅川 雅嗣
2019年6月18日22時22分に山形県沖で発生した地震 2019年10月号【中古】 ゴリラ TO-BE GAME LD-02/QuaLazer L-1/V/10.5[9621]■松山店
新しく発表される情報の意味や私たちの利用法について解説します 日印協会代表理事・理事長(元駐印・仏大使)
平林 博
グッドバンカー 代表取締役社長
筑紫 みずえ
公益財団法人 資本市場研究会 理事
日出島 恒夫
SMBC日興証券 代表取締役社長
清水 喜彦
日本総合研究所 理事長
翁 百合
大阪湾台風? 第3室戸台風? 「平成30年台風第21号」はどんな名で後世に残すべきか 2019年5月号アルチビオ archivio ゴルフ ブルゾン フルジップジャケット A859321 レディース 2019年春夏
国家公務員共済組合連合会 理事長
松元 崇
メージャー元首相も「暴力への回帰」への懸念を表明しています 2019年4月号「平成の終焉に思うこと」
日本学士院会員 東京大学名誉教授
日本証券業協会 副会長・専務理事
岳野 万里夫
日動画廊 代表取締役副社長
長谷川 智恵子
「英国の統一」を強調すればするほど分裂が進むというジレンマ 大和証券グループ本社
地方自治体から発表される避難勧告などの避難情報 日比野 隆司
「オーダーメイド」の予報は有料であるものが多い 石原 信雄
(敬称略)
本当に「命を守れる」防災を考える(3) ~国:災害に備えた気象庁の体制-予算は十分なのか~

講演会・セミナーのご案内 ※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。

台風はこのように高気圧の弱まったところを進む傾向がありますので
インターネットでは外国発の台風予報を簡単に入手でき

(木) 東京にて講演会

大阪湾周辺を中心に暴風-高潮の大きな被害をもたらした
時間:15:00~16:30
会場:KPP八重洲ビル AP東京八重洲通り11階会議室
講師:関西学院大学専門職大学院 客員教授、公認会計士
      日本公認会計士協会 本部理事
発生すれば台風16号ということになるでしょう    井上 浩一 氏   
内容:近年の不正調査に関する課題と提言
 
 
大阪湾台風? 第3室戸台風? 「平成30年台風第21号」はどんな名で後世に残すべきか
新着情報
現在フィリピンの東にある熱帯低気圧はコンパクトだった台風15号とは比較にならないほどの巨大な渦循環を伴っており
台風情報は日本では気象庁以外が予報を発表してはならないと定められている
大阪湾で懸念された「台風第21号の再来」にならなかった理由
目視観測-予報作業の廃止も検討 地方気象台の業務縮小は防災上「支障なし」か【後編】