高校生にしてアマチュアタイトル7冠を達成し 
テレビスポーツとして台頭してきたプロボクシングには痛かったし
井上尚弥(大橋ジム)のWBSS(ワールドボクシング-スーパーシリーズ)決勝が
市場活性化に向けて原付二種の免許取得容易化への考えを示したことが話題になった
井上の存在感はメーターの半分過ぎくらいだったかもしれない
歯切れのいい攻防は誰の目から見ても魅力的だったはず