小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが
新潟日報は敎育改革を全力フォロー!

新潟日報がわかりやすく説明します!お母さん、お父さんに読んでほしい「2020年教育改革」のこと

子育おすすめ記事

拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった

お母さん、お父さんに読んでほしい「2020年教育改革」のこと

 

「予測できない未来」を生き抜くための「生きる力」を育む
というのがこの教育改革の理念です。
知識を覚えるだけでなく、活用できる子どもたちを育てる、
そのための教育改革なのです。

 

「生きる力」ってどういう力?

新学習指導要領では、下記の3つの柱を身につけていくことを目指しています。

  • 1. 社会で生きて働く知識・技能
  • 2. 思考力・判断力・表現力
  • 3. 学びに向かう力・人間性

「生きる力」を身につけるためにどのように学ぶか?

今までは、先生が一方的に教え、子どもたちはそれを見て・聞いて・学ぶという授業スタイルでした。
また、正解があり、その正解を先生が知識として教えるという「正解は1つ」という授業も多々ありました。
これからは、子どもたちが周りの人たちと共に考え、学び、新しい発見や豊かな発想が生まれるように授業が進化します。
一番のメインはこの「どのように学ぶか」といっても過言ではありません。

「生きる力」を身につけるためになにを学ぶか?

 

小学校からプログラミングを習うの!?と驚かれたかもしれませんが、
「プログラミング」という教科を習うのではなく、様々な教科を通して「プログラミング的思考」を学ぶことになります。
例えば、なにか問題が起こった時、解決するためにはどういう手順・手段が最適かを考え、予測する思考が必要になります。
これがプログラミング的思考です。
また、現代の生活の中でも接することが増えつつある、ロボット機器にもコンピュータ・プログラミングが
生かされていることを知るということも含まれます。

 

今回の教育改革は小学校から高校までが主な対象ですが、その先の大学入試も変わります。
「大学入試センター試験」が2020年度「大学入学共通テスト」に変わります。

教育改革で再注目の新聞!

 

2020年度教育改革で新学習指導要領に「新聞の活用」が明記され、“新聞”が再注目されています。
新聞を読むということを習慣にしたり、さらにお子さまと新聞で読んだ記事について感想や意見を
話し合ったりすることが上記能力を育みます。学ぶ力を育む新聞のある生活を、ぜひ!おすすめします。

 

今ならトライアルセットを無料でお届けします!

日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない

トライアルセットを申し込む

国別の米国債保有高において日本が再びトップの中国に接近しつつある

 

 

 

新聞は、様々な調査で信頼するメディアとして、選ばれています。
それは、新聞記者によって深く情報読解され、何人もの人が関わり校閲して作っている記事だからです。
さらに新聞は、自ら検索したニュースだけではなく、様々な情報を知ることができます。
興味のなかったことへの関心・視野を広げることができると考えます。

  •  

    一つ一つの記事から得られる知識が結びつく
    生活に生かす力がつく

  •  

    ニュースの背景を深く読み解く
    自分の意見をまとめ、発表する

  •  

    北朝鮮が予告していた「新たな道」が明らかになった

    「なぜ」「どうして」と社会に興味を持つ
    「どうしたらいいのか」と問題解決の知恵を学ぶ

新聞は、新しい学びの材料を常に提供していると考えます。
新しい学習内容として注目されている、近未来の課題は、ニュースとして毎日取材し、
記事化しようとしているテーマでもあります。
ニュースから「なぜ、どうして?」「どうしたらよいか?」など友達や家族で話し合うことをおすすめします。
これこそ、新学習指導要項にある「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」ではないでしょうか?

 

――北朝鮮が拉致問題を一気に解決できない理由は何か? セット内容1

 

「ご承知のように二度目の小泉総理の訪朝には軍の関係者は出迎えなかった
北朝鮮が「核開発-ミサイル発射中断」撤回を表明!東京五輪に暗雲が!!
日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある

新聞でプログラミング
書き込み式

ゲーム感覚でプログラミング的思考を育てます。
「最短でゴールへたどり着くには…」など課題にチャレンジ!

軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない

楽しく学べる新聞遊び

新聞を使った遊びを紹介します。
言葉に親しみ、社会の出来事に関心を持つことにつながります。

北朝鮮外務省高官が3日に「クリスマスプレゼントに何を選ぶかはアメリカの決心次第だ」と発言したことから標的にされている米国及びミサイルが上空を飛来するかもしれない日本 セット内容2

 

話題のニュースで読解ワークシート
書き込み式

最新の記事に、問題と解答記入欄を設けたワークシートです。
政治や科学など幅広い分野の記事を読み設問に答えることで、
読解力や論理的思考力を養います。
自分の考えを表現する記述式のトレーニングにもなります。

能開センター講師が伝授!受験のコツ

新サクラサク方程式

代々木ゼミナール講師が大学入学共通テストを見据えた問題を分かりやすく解説!

  • ・一目で国内外の動きが分かる!ニュースをピックアップ
  • ・大学入学共通テストや新学習指導要領についての解説
セット内容3

最終的な判断が正しいかどうか計りかねる難しい問題だ

それもこれも金委員長に対する程度を超えた忠誠心によるものではあるが」

新潟日報をご購読かつ、中学生のお子様がいらっしゃる世帯に、無料で毎月(年10回)配布しています。

セット内容4

 

一週間お届けします!

セット内容5

 

マンガでわかりやすく
解説しています。

「米国のイラン軍司令官殺害を金正恩政権は国民に伏せるのでは?」「米国の奇襲を恐れ
article 自ら禁じ手としていた小出しの魔法を掛けるのであろうか